交通事故治療

HOME» 診療内容について »交通事故 | 小岩の整体・整骨 コクア整骨院

診療内容について

交通事故 | 小岩の整体・整骨 コクア整骨院


むち打ち症の主例

頚椎捻挫症例
神経根圧迫症例
頚椎捻挫症例 神経根圧迫症例
頚椎周りの筋肉・靭帯・軟部組織の損傷が一番多い症例です。靭帯の断絶により首を動かすと痛みが出たり、クッションの役割を果たしている軟部組織がつぶれることで動きに制限がかかります。
頚椎の並び・歪みが出ると周辺部の神経を圧迫し、それが首の痛みや上肢(腕)の痺れとして出てきます。また倦怠感、顔面痛などにも現れる症例です。
脳脊髄液減少症例
バレー・ルー症例
脳脊髄液減少症例 バレー・ルー症例
脳脊髄液が漏出することで減少し、頭痛やめまい、倦怠、耳鳴りなどを発症。過去にはむち打ちとの関連を軽視されてきましたが、現在ではむち打ちでも髄液が漏出することが確認され、厚生労働省も同症例が発症するケースを認めています。下肢や知覚異常を引き起こしたり、尿や便が出にくくなる膀胱直腸障害を発症するケースもあります。
自律神経症状を主体とし、頭痛やめまい、耳鳴り、嘔吐、胸部の締め付けなど多彩な症状が出ます。頚椎周りの損傷により、自律神経(特に交感神経)が直接的・間接的に刺激を受けることで、発症すると考えられています。

病院のレントゲンで異常なしとされるケース

上記のような症例(むち打ち症例)は、病院のレントゲン検査で異常なしとされるケースも少なくありません。レントゲンとは、骨組織を撮るもので筋肉や靭帯の状態を確認するものではなく、その損傷からくる痛みや痺れはわからないのです。

むち打ち治療に対して様々なサポート

事故後の通院期間は平均して数ヶ月~6ヶ月と長期に渡ることになります。交通事故で受けた損傷は、時間と共にゆっくりと現れる、自覚できるようになってくるのが多く、事故当時は痛みが軽減し、完治したと思っても、次第に頭痛やシビレが強くなり、後遺症が出ることが多いのも特徴です。
一時的に症状が軽減されたとしても、完全に症状が良くなるまで必ず通院することを推奨いたします。後日、身体に不調を感じるようになっても、保険が使えなくなる、時間の経過で自賠責保険が使えなくなり、実費治療を余儀なくされた例もあります。

当整骨院の治療対応について

①治療費はかかりますか?

⇒いいえ。患者様の自己負担は0円です。(自賠責保険等の適用)

②通院している病院からの転院や両方の通院は可能ですか?

⇒他の病院(整形外科)を通院している患者様もいらっしゃいます。保険適用できるか、まずは当院にご相談ください。

③保険(自賠責)を使わずに健康保険を使っていたのですが?

⇒交通事故の場合、一部の例外を除き、自賠責か健康保険かの選択は患者様本人に与えられています。手続きなど不安な場合は、当院で弁護士、司法書士等の紹介も致します。

④保険会社が整骨院でなく病院を指定してきたのですが?

⇒病院or整骨院の選択も患者様本人に与えられています。保険会社が指定してきても、健康保険取扱いの当院であれば問題ありません。病院からの転院をお考えの場合も、まずは当院にご相談ください。

⑤治療費以外にももらえる補償があると聞いたのですが?

⇒自賠責保険でカバーできるものとして、①治療費②交通費③休業損害費があります。当院は治療はもちろんのこと、補償給付に関してもご相談に力を入れています。まずは当院までご相談ください。

⑥治療内容はどんなことをするのですか?

⇒交通事故の場合、後遺症が残らないように患者様の症状に合わせて治療プランを考えます。1回30分程度の治療が基本になりますが、当日の体調に合わせて施術を行います。